エージェンシー取引

エージェンシー取引とは、証券会社が投資家の代わりに株式や債券などの売買注文を執行する取引のことです。証券会社は顧客からの注文に従い、市場で最適な価格で取引を行い、そのサービスの対価として手数料を受け取ります。この取引では、証券会社は自己の利益のためではなく、顧客の利益を優先して行動します。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。