円安圧力

「円安圧力」とは、市場の状況や経済的な要因によって、日本円の価値が下がる方向に働く力のことです。例えば、日本の金利が低いときや経済が不安定なとき、投資家が円を売って他の通貨を買うことで円の価値が下がります。これが円安圧力です。円安になると、輸出は増えやすくなりますが、輸入品の価格が上がり、国内での物価が上昇する可能性があります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。