エンベロープ

「エンベロープ」とは、株価などの価格変動を囲むように上下に引かれた2本の線のことで、価格の変動幅を視覚的に捉えるためのテクニカル分析ツールです。通常、移動平均線を基準にして、一定のパーセンテージで上下に設定されます。この線の範囲内で価格が推移することが多く、範囲から外れた場合は、価格が過熱または過小評価されている可能性を示唆します。トレーダーはこれを利用して、売買のタイミングを見極めます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。