円高

「円高」とは、日本円の価値が外国通貨に対して相対的に高くなることを指します。例えば、1ドル=100円から1ドル=90円になれば、円高が進んだと言えます。円高になると、日本から見て外国の商品やサービスが安くなりますが、日本の輸出企業にとっては海外での競争力が低下し、利益が減少する可能性があります。また、海外旅行や輸入商品の購入がお得になる一方で、輸出産業や観光業にはマイナスの影響が出ることがあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。