円貨建て債券

円貨建て債券とは、元本や利息の支払いが日本円で行われる債券のことを指します。これは、外国の企業や政府が日本の投資家から資金を調達するために発行することが多いです。円貨建て債券を購入すると、一定期間後に元本と利息が日本円で返済されます。そのため、外国為替のリスクを気にせずに投資することが可能です。ただし、発行者が破綻すると元本や利息が返ってこないリスクもあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。