エリオット波動

「エリオット波動」は、株価や為替レートなどの金融市場の動きを予測するための理論です。アメリカの会計士ラルフ・ネルソン・エリオットが提唱しました。彼は市場の動きが特定のパターン、つまり「波」を形成すると考え、その波動を5つの上昇波と3つの下降波の合計8つの波で表現します。これを用いて、市場の将来の動きを予測しようとするものです。ただし、この理論は経済状況や政治情勢など、様々な要素によって影響を受けるため、必ずしも正確な予測ができるわけではありません。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。