カーボンニュートラル

「カーボンニュートラル」とは、人間の活動によって排出される二酸化炭素(CO2)の量と、それを削減・吸収する活動によって削減されるCO2の量が等しくなる状態を指します。具体的には、温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡させて、2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにすることを目標としています。

企業や個人がカーボンニュートラルを目指す場合、まず自らのCO2排出量を削減する取り組みを行います。それでも削減できない分については、森林再生や再生可能エネルギーの導入などの方法でCO2を吸収するか、カーボンオフセットという手法で、CO2削減活動をサポートすることで、排出量と吸収量のバランスを取ります。この概念は、地球温暖化の進行を食い止めるための重要なアプローチとして、多くの組織や国で推進されています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。