ユニバーサルバンク

「ユニバーサルバンク」とは、商業銀行と投資銀行の機能を両方持つ大型の金融機関を指します。従来、商業銀行は預金の受け入れや融資を中心に行い、投資銀行は企業の株式や債券の発行支援、M&Aのアドバイザリーなどを行っていました。しかし、ユニバーサルバンクはこれらの機能を一つの銀行内で統合し、多岐にわたる金融サービスを提供します。

この統合型の銀行は、顧客へのワンストップサービスの提供や、事業の多様性によるリスクの分散が可能となる利点があります。一方で、大規模な組織となるため経営の複雑性が増すなどの課題も持ち合わせています。ユニバーサルバンクの概念は、特に欧米の大手銀行で顕著に見られます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。