移動平均乖離率

「移動平均乖離率」とは、証券市場の分析手法の一つで、ある銘柄の現在の価格がその移動平均価格とどれだけ離れているかをパーセンテージで示す指標です。これを利用することで、銘柄の価格が過去の平均に比べて高いのか、低いのかを一目で判断することができます。

計算式は以下のようになります:

移動平均乖離率(%) = 現在価格−移動平均価格 / 移動平均価格 × 100

例えば、25日移動平均を基準にした場合、現在の株価が25日移動平均よりも高ければ、乖離率は正の値をとります。逆に、現在価格が25日移動平均よりも低ければ、乖離率は負の値となります。

この乖離率が大きくなると、価格が過熱している可能性や逆に過度に下落している可能性があると解釈されるため、トレンドの転換点を探るヒントとして利用されることが多いです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。