さや

証券取引における「さや」は、特にデリバティブ取引(派生金融商品取引)において使用される概念で、二つの価格差や利益を表す際に使われます。例えば、取引の一環として同時に買い(ロング)と売り(ショート)のポジションを持つ「スプレッド取引」において、その二つの取引間の利益の差を「さや」と呼びます。具体的には、原資産の価格と派生商品の価格の差や、二つの異なる商品間の価格の差などを指します。また、これらの「さや」を追求する投資戦略を「さや取り」と言います。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。