買付手数料

「買付手数料」は、株や投資信託などの金融商品を購入する際に、証券会社がサービスの対価として取る料金です。例えば、1000円の株を買う時、証券会社が手数料として50円取れば、実際には1050円支払うことになります。これは証券会社が取引をサポートするために必要な経費で、取引の金額や頻度によって異なることが多いです。購入時のコストを抑えるため、買付手数料の少ない証券会社を選ぶことも重要です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。